Pocket

ガーデンウェディング
青空の下、純白のウェディングドレスで心地よく開放感ある結婚式を挙げよう!

最近、新郎新婦から人気のあるガーデンウェディング。その魅力はなんといっても、屋外ならではの演出や解放感ある空間を楽しめること。
心地よい風と澄んだ空間で、新郎新婦の緊張もほぐれ、ゲストもリラックスできるでしょう。

カジュアルな和やかな雰囲気の中で、結婚式を挙げたいカップルは、ぜひ検討してみてください。
ただし、結婚式当日が悪天候になった場合の対策などはしっかりとしておきましょう!

屋外ならではの、開放感ある結婚式

ガーデンウェディングは、屋内とは違い柱や壁などを気にすることなく、会場のレイアウト・飾り付けが可能です。
また、せっかく屋外で結婚式を挙げるなら、屋内では難しい演出やゲストへのサプライズを検討したいですよね。

芝生の上にシートを広げてゲストとの交流時間をもったり、全員参加型のバルブシャワーやバルーンリリースなどの演出も人気があるようです。青い空と芝生などの緑がおりなすコントラストが最高の結婚式を演出してくれます。

シャボン玉で遊んだり、バーベキューをしたり、アウトドア的な要素を入れ込むなどの演出もありますよ。

ガーデンウェディングのメリット

明るくカジュアルな結婚式

青い空、緑の芝生、純白のウェディングドレス、解放感あるスペース、なんだか楽しくなってきませんか?
美味しい料理を食べながら、ゆったりとゲストと優雅な時間を過ごせます。

屋外ならではの演出が可能

屋外ならではカジュアルスタイル演出も色々と可能です。

  • ガーデン挙式
  • デザートビュッフェ
  • バルーンリリース
  • 大玉シャボン玉
  • 見晴らし台の飾り付け
  • 晴天の中での集合写真

どんな演出をしたいですか?

ゲストとの距離が近い

新郎新婦用のひな壇を用意する他の挙式と違い、カジュアルなスタイルで結婚式を挙げることになるので、自然とゲストとの距離も近くなります。

ガーデンウェディングのデメリット

悪天候対策は必須

もしもの時の対策として、屋内で挙式・披露宴が挙げられるように準備もしておきましょう!

少し位の悪天候であれば、傘でしのぐことも可能です。
また、肌寒い時期の場合は防寒対策にも注意が必要です。

ゲストへの負担が大きいかも

カジュアルで自由に移動しやすいスタイルなので、自然と立ち続けて話す状況になりやすいです。

年配者の方などがすぐ座れる椅子や休憩スペースを多めに用意しておきましょう。
また、夏であれば暑さで汗だらだら。冬であれば寒くて凍えることになるかもしれまん。

カジュアルスタイルに抵抗感がある人も

格式を重んじるゲストがいる場合は、事前に相談・伝えておきましょう。後々、小言を言われないように。

画像で見るガーデンウェディング

naoさん(@tabinao)が投稿した写真

まとめ

ガーデンウェディングならではのメリットや魅力は大きいです。
当日晴れれば最高ですが、しかし、雨が心配です。

うーん、扱いが難しい結婚式って感じです。
気持ち良い風と晴天の中で、挙げる結婚式はとても魅力的なんですけどね。

他の結婚式・披露宴のスタイルも知ろう

Pocket