Pocket

ホテルウェディング
宿泊施設やレストラン、披露宴・宴会場などの充実した設備に加えて、様々な結婚式スタイル(神前式や人前式など)に対応可能なホテルウェディング。新郎新婦が希望するニーズにも幅広く対応可能です。

また、知名度・格式を合わせ持つホテルの場合は、招待客が持つ印象も良く、安心感もあります。
料金については、レストランウェディングや専門式場などと比べると比較的高めですが、大切な日を過ごす場所として、検討してみる価値は十分にあります。

知名度・格式と質の高いサービスを合わせ持つ

ホテルウェディングの魅力の1つが、知名度・格式です。

管理人もホテルで結婚式を挙げたのですが、有名なホテルだったので、それだけで招待客に良い印象を持ってもらえました。
また、親族もホテルウェディングであれば、施設面はもちろんサービス面も心配ないだろう。と安心していました。

他には、遠方からの招待客が多い場合は、アクセスの良し悪しや、宿泊施設の確保にも気配りしなければなりません。
その点、ホテルウェディングでは、駅近で広い駐車場があるところが多いのも魅力です。2次会会場も、同ホテル内で手配可能な場合が多いので、招待者に移動させる負担も少なくて済みます。

スタッフやサービスの室や内容も、ホテルだと安心できるかと思います。

ホテルウェディングのメリット

格式高いウェディングが可能

歴史がある有名ホテルでの結婚式では、格式高い式を挙げる事ができます。

また、ホテルにブランドがあるので、招待客や親族にも良い印象を持ってもらうことができます。もちろん、そのブランドに見合う一流のサービスも期待できるので、特に年配者の方々には安心してもらえやすくなります。

お得に宿泊できる

新郎新婦は式前後の宿泊が無料。親族の宿泊料金も大幅値引きしてもらえる事が多いです。
式と宿泊施設が同じだと招待者も安心ですよね。

様々な挙式スタイルに対応可能

神前式から人前式、仏前式、キリスト教式と、幅広い挙式スタイルに対応可能なホテルが多いです。

質の高いスタッフ・サービスと充実の施設

ホテルならではの質の高いサービスも魅力的です。

スタッフの気遣いやサービスの質を気にしてホテルウェディングを選ぶ新郎新婦も多いみたいですね。また、控室や広いロビーなどの施設が充実しているものポイントです。

ホテルウェディングのデメリット

自由に持ち込みができない

結婚式の準備を進めていると、ホテルが用意する物以外を式場に持ち込みたくなるケースがあります。

例えば、ホテル提携のウェディングドレスショップ以外からドレスを持ち込みたい場合などです。
その場合、殆どが別途持込料金が掛かったり、厳しいホテルはNGな場合もあります。

料金設定が高め

レストランウェディングなどと比較すると、料金が高めです。

好アクセスや充実した施設、質の高いスタッフとサービスなどの事を考えると致し方ないのかもしれません。

自分達以外の新郎新婦が多い(貸切感無し)

ホテルウェディングを希望する新郎新婦は多いです。加えて、人気がある日取りだと、1人に何組ものカップルが、1つのホテル内で結婚式を挙げる事になります。

場合によっては、ホテル内で別の花嫁とすれ違ったり、見学に来ている新郎新婦がすぐ近くを通ることも想定されます。
管理人の場合も挙式当日に、すぐ近くで別の新郎新婦がウェディング写真を撮っていました。その撮影が終わるまで、一旦立ち止まることがありました(10秒、20秒位ですけどね)

招待者の立場から見てても、沢山の結婚式があるので、自分達が参加する結婚式の場所が分かりにくいこともあったりします。

まとめ

いかがでしょか?有名ホテルで挙げる結婚式に憧れている新郎新婦も多いかと思います。
是非、ホテルウェディングも検討してみてください!

他の結婚式・披露宴のスタイルも知ろう

Pocket