Pocket

結婚式のご祝儀
皆さん、どう思いますか。

今回、挙式・披露宴を挙げる際の招待者への「お返し」に関して書いていきます。
管理人の考えは、下記です。

挙式・披露宴を挙げる新郎新婦は、ご祝儀に見合う分はお返ししよう。なんて考える必要なし!

招待される側は、式場がどうのこうのとか、ご祝儀金額に見合う食事ではないとか、そんなこと言わない

大事なのは、感謝の気持ちを伝える

大体友人の結婚式に参加する時は、ご祝儀で3万円を包むことが多いかと思います。
私も参加する時は、いつも3万円包んでいます。自分が結婚式を挙げた時も、友人はみんな3万円を包んでくれました。

それでは、

  • 挙式・披露宴では、3万円相当のお返しをしなければならないのか?
  • 相場より多くのご祝儀を貰った人には、後追いでも追加でお返ししなければならないのか?
  • それが、マナー・礼儀なのか?

私は、社会人になり初めて結婚式に参加した時から、このようなご祝儀分に見合うお返しが必要という考えを持ったことがないです。
それは、ご祝儀代は友人へのお祝い金と結婚式費用の足しにして欲しいから。そこに金額に見合うお返しなんか期待もしていないし、考えたこともないです。

けど、世の中にはご祝儀に見合うお返しは必要と考えている人が、そこそこいる感じがします。

ずっと、思っていた事なんですが、なんか腹落ちしないと強く感じたのが、自身の結婚式を挙げた時なんです。

  • ご祝儀の金額分はお返しないといけない。だから、料理や引き出の金額はこれ位じゃないと失礼。
  • この人は、きっと多く包んでくれる。だから、引き出物は他の人より金額が高めの商品を用意しておく。
  • 結婚式が終わって、想定より多く包んでくれた人がいた。じゃあ、追加でお返しの品物を贈ることがマナーだ。

なんか、これっておかしくないですか?
結婚式のご祝儀って、等価交換が必要なものなん?ビジネスですか?

私は、挙式を挙げる友人に「ご祝儀に見合うお返しが必要」って考えを持っている人がいたら、こう言いたいです。

ご祝儀分のお返しとして、引き出物(バームクーヘンとか、よく使い道が分からん記念品とか、しかも新郎新婦の名前入りは最悪)を用意する位なら、その金額でお色直しの回数を増やすとか、もっと上質なウエディングドレスを新婦に着させてあげて欲しい。
他には、新生活に向けて貯金に回したり、新婚旅行が国内なら海外旅行にしたり、自分たちの為に使って欲しい。

招待される人も、包む金額に見合うお返しや料理が欲しいなんて思ってないはず。
※思っている人も少数ながらいると思います(結婚式が終わった後に、料理を安いコースにしすぎとか、全然お金使ってないとか)友人の披露宴・挙式で、そんなセコい文句を言う奴は無視したらいいです。そんな考え持たないで欲しいです。

結婚式なんて、一生にそう何度も挙げるものじゃないので、友人・知人から一方的に祝われる。でも良くないですか。

まずは、礼儀や縁起を担ぐものという理由で、個数や金額合わせをする引き出物なんて無くしたらいいと思います。
あれ、5個じゃないといけないとか。相場が5千円位とか。ほんと、もうどうでもいい事にお金使っている感じです(かなり個人的な意見ですいません)

招待者に対して、気持ちが入った手作りクッキーとかならまだいいけど、さして、おいしくない既成品のお菓子とかいらんし。
カタログギフトブックはそれはそれで嬉しいけど、そんなんにお金使うなら、せっかくの結婚式なんだから、もっと自分たちの為にお金使って。

大事なのは、感謝の気持ちを伝える

これでしょ、大切なのは。ご祝儀の金額に見合うお返しとかじゃなくて。

招待者に、「今日来てくれてありがとう」「今まで、ありがとう。これから幸せになるよ」って、気持ちが伝える事ができれば、料理や引き出物とかそんなに気にする必要ないです。
只、招待者が不快な思いなをしない程度の料理や式場選びなどは必要ではありますけど。

結婚式には、親族や上司なども出席するケースが多いです。
そうなると、家と家との付き合い・世間体とかで色々と気を使わなければならない事が増え、余計な問題を起こさない為、とりあえず無難な方法や考えになっちゃうと思います。

結婚式の主役は自分達ですが、結婚式は自分達だけのものではないです。
実際には、「ご祝儀金額に見合うお返し感」が無いと、何処かからは不満みたいなのが出てくるでしょう。
けど、どこかでそんな考えが変わっていって欲しいです。

Pocket