Pocket

ブライダルフェアは第一希望から行くのはNG!そのワケは?
結婚式場を決める際には、いくつかの式場を回って決める人が大半となります。そして、第一候補、第二候補と希望順位が決まっているのが普通であり、多くのカップルは第一希望から行くケースが多いです。

ブライダルフェアは第一希望の式場から行かない事を強くお勧めします。一番良いと思った式場から行きたい気持ちはわかりますが、そこには落とし穴があります。

本記事では、第一希望の式場が開催するブライダルフェアから行かない方が良い理由をご説明します。

◆知らないと損するかも!ブライダルフェアに行く前に読んで欲しいおすすめ記事
⇒最大3.5万円の商品券がもらえる!目的別のブライダルフェアキャンペーンまとめ

第一希望から行かない方が良い理由とは?

すごく気に入った式場が見つかった場合、テンションを上げる為にも、その式場から見に行こうと思う人は多いものです。

予算的に厳しそうであっても、やはり一番良いと思った式場で結婚式を挙げたいですよね。ですが、ブライダルフェアは第一希望から行くべきではありません。

式場見学1件目だと知った会場スタッフは、強引な営業を仕掛けてくることも多々あります。また、当日申込み限定の値引きを提示される会場も本当に多いです。半数以上は、短い期間のみ有効な値引きした見積書を提示してくると思います。私の場合もそうでしたから。

それは、初ブライダルフェアでテンションが上がっている人は、契約させやすいことを知っているからです。

結婚式は数百万円のお金が必要になることも珍しくありません。どんなに良いと思った会場でも、他を一切比較検討しないで決めることができますか?

他の式場も念の為、見ておきたいと思うので普通です。

だけど、できれば、当日申込み特典などの有利な条件で契約したくもあります。その為、本命でない会場を先に見て回り、金額感や他会場のレベル・サービスを把握した上で、最後に本命会場のブライダルフェアに参加しましょう。

そして、他と比較した上でも本命会場が良いと思えるのであれば、お得な特典が付いた条件で契約する。これが、ブライダルフェアの賢い参加方法です。

いくつかの式場を見学してから決める場合は、予算に見合った式場を選ぶことが大切です。費用が高額な式場は、高いだけあって女心を巧みに突いてきます。安い式場はそれなりです。

それでも、第一候補から行く場合の注意点

もし真っ先に第一候補から行くのであれば、訳がわからなくならないように、良かった点、悪かった点、複数のオプションを付けたときの金額、費用を抑えたときの金額、妥協できない部分などを、きちんとまとめておくことが大事です。

まとめ

第一候補の式場が開催するブライダルフェアに真っ先に行こうと思っていた人は、要注意。

楽しみは後に取っておきませんか。その方がブライダルフェア巡りが楽しくなりますよ。

Pocket