Pocket

結婚式費用の支払い方法
先輩カップルに対するアンケートでは、結婚式にかかった費用の平均は300万円という結果になりました。

ゲストの人数などによって金額は大きく変わりますが、大きなお金が必要なのは同じです。支払うタイミングによってお金を準備する時期も変わりますので式場へしっかりと確認しておきましょう。

支払いのタイミングはどんなバリエーションがあるのか

結婚式の前日までに支払う「前払い」

前払いのメリットは、当日や式が終わった後にも支払いの心配をしなくて済むという点です。デメリットとしては、計画的にお金を用意する必要があるという点です。

夢のような結婚式の計画を立てている最中に、シビアなお金の話など考えたくないという人も多いとは思いますが、前払いで結婚式費用の支払いを済ませておくことで、当日は結婚式や披露宴を心から楽しむことができるでしょう。

二人だけでお金を用意するのが難しい場合には、両親からの援助やブライダルローンを活用する人が多いようです。

結婚式当日に支払う「当日払い」

ご祝儀を費用にあてることができるというメリットがありますが、結婚式費用にご祝儀が満たないことも考えて、ある程度の金額は手元に用意しておく必要があります。

現在、結婚式場ではこの支払い方法を採用しているところが増えているようです。結婚式が終わった直後に家族総出でご祝儀を開封するという現実が待っていますので、その現実を受け入れられる二人にはお勧めできる支払い方法です。

結婚式の翌日以降に支払う「後払い」

ご祝儀を確認した後で支払いができるという点では当日払いと同じですが、当日にいきなりご祝儀を開封して支払いをするのに抵抗がある人は、こちらの方法を選ぶことが多いようです。

しかし、結婚式場は後払いを非常に嫌います。そのため、後払いといっても式の翌日や3日後までという指定を受けることが多く、急いでお金の準備をする必要があることは当日払いと同じです。

支払方法にはどんなものがあるのか

現金で一括支払い

現金払いの場合、式場の専用口座に指定期日までに振り込むといった手続きが一般的です。現金払いのメリットとしては、支払いが完了すればその後の新生活への影響が一切なくなるという点です。

一方で、支払期日までに現金を用意する必要があるため、手元に資金が無い場合には、親に援助を依頼するなどして資金を工面しなければいけません。

クレジットカードでの支払い

クレジットカードはどのようなシーンでも使われるようになってきており、結婚式場も例外ではありません。
一括払いの他、分割払いやボーナス払いなどが選べますが、基本的には「借金」と同じですので結婚後も支払いが残るのがデメリットです。

ブライダルローンの利用

手元に資金の無いカップルのために生まれた「ブライダルローン」。結婚式費用をローンという形で支払っていくものです。

手元の資金が無く結婚式を諦めていたというカップルにとっては嬉しい商品ですが、新生活がスタートした後も支払いが長く続いていくことを考えると、しっかりとした生活設計の上で利用するべき商品といえます。

支払い方法のまとめ

資金が無くて結婚式を諦めていたというカップルにとって、ご祝儀で結婚式費用を支払えるシステムやブライダルローンの存在はとてもありがたいものです。

しかし、大きな金額ですから支払いが長期にわたることを忘れてはいけません。家族が増える可能性も考えると、支払額を大きくすると後に家計を圧迫することになってしまいます。

一生の思い出に残る素敵な結婚式の支払いで、新生活が苦しいスタートとならないように生活とのバランスを考えながら計画することが大切です。二人でしっかりと話し合って決めていきましょう。

Pocket