Pocket

結婚式の引き出物準備で抑えるべきポイントとは?
引出物は、性別や世代、新郎新婦との関係によって数種類を用意しましょう。引菓子は引出物とのバランスを考えながら、味も考慮しながら選ぶとよいでしょう。

どちらもゲストの立場に立って、喜ばれる逸品を。困った時にはウェディングプランナーに相談してみましょう。

引出物・引菓子とは

引出物の歴史は平安時代に遡ります。この時代には遠くからわざわざ訪ねてきてくれた友人のために、愛馬を厩舎から引き出して贈る風習がありました。

「引き出す」という行為が「物を贈る」という意味で使われるようになり、大切な人への贈り物を「引出物」と呼ぶようになったと言われています。

また、「引く」という言葉には「長引く、長く続く」という意味もあるため、縁起の良い言葉として結婚式などのお祝い事で使われる言葉となりました。

現在の結婚式では、
披露宴の際にお祝いのおすそ分けとお礼の意味を込めて、引菓子とともにゲストに渡す品物のことを指します。品数は、引菓子を含めて2品から3品が一般的です。

食器類が人気ですが、最近増えてきたのはカタログギフトです。カタログギフトならゲストが持ち帰るのにも重くありませんし、家に帰ってほしいものをゆっくりと選んでもらうことができます。

ただし、地域によっては引出物についての風習があるところもありますので、両家で相談して決めるようにしましょう。年齢やゲストの立場によって引出物を分ける人も多いのですが、金額は同等のものを選ぶようにします。

引菓子は披露宴の膳のおすそ分けという意味を持ち、引出物と一緒に持ち帰っていただくお菓子です。

持ち帰って家族で分けて食べてもらうためのお菓子ですから、日持ちがして数人で分けられるサイズのお菓子を選びます。

洋菓子、和菓子の区別はなく、洋菓子ではバウムクーヘン、和菓子では上用饅頭やカステラが一般的です。

引出物・引菓子などの費用

一般的には、引出物で3,000円から4,000円、引菓子で1,000円から2,000円のものが選ばれていて、引出物と引菓子を合わせて5,000円程度にする組み合わせが平均的な費用となっています。

引出物や引菓子や人数分用意する必要はなく、夫婦や家族で参加してもらったゲストには一つで良いのです。目安としてはゲストの総数の8割を用意しておきます。

ただし、引出物を持ち帰っていただく紙袋にも300円程度の費用が掛かります。

さらに結婚式場に依頼せず、外部のものを持ち込みでお渡しする場合には持ち込み料として一つにつき300円から500円の費用が掛かる場合がありますので、事前に確認が必要です。

引出物・引菓子の選び方

予算内に収めることも大切ですが、一番大切なのは、ゲストに喜んでもらえる品を選ぶということです。自分たちの好みに偏ることの無いように、持ち帰る人の立場に立って選ぶことが大切です。

引出物にふさわしいとされるものは、軽くて持ち帰りしやすいもの、実用的なもの、自分では買わないがもらうと嬉しいもの、などがあります。

反対に引出物に不向きなものには、重くて持ち帰りにくいものや実用性の無いもの、二人の名前や顔写真が入ったものなどがあります。

また、お渡しするゲストの年齢や性別によって引出物を分ける人も増えてきました。カタログギフトにも、「食品がメインのカタログ」や「インテリア用品がメインのカタログ」、「食器やアクセサリーがメインのカタログ」など同じ金額でも内容の違うカタログが出ていますから、ゲストによって分けることもできるようになっています。

ただし、あまり細かく分けすぎると渡し間違いも起こりやすいので、2種類から3種類程度にとどめておきましょう。引出物を入れる紙袋の色を分けるなどの工夫が必要ですが、大きさはすべて同じにしておきます。

Pocket