Pocket

結婚式で、余興・スピーチ・受付などを依頼する時の注意点
結婚式では会場のスタッフだけでなく、新郎新婦の知人や友人にお手伝いをお願いすることがあります。

親しいからと当然のように依頼するのではなく、「親しき仲にも礼儀あり」ですから失礼の無いように依頼をし、きちんとお礼をすることが大切です。

誰に何を依頼する?

結婚式の司会についてはプロに依頼する人が多いようです。友人や知人に依頼する人もいますが、式の進行具合や咄嗟のアクシデントに対応できる機転を期待する場合はプロに依頼する方が無難です。

結婚式場には専属の司会者がいますので、ウェディングプランナーに伝えれば司会者の方を紹介してもらえます。

スピーチは、新郎新婦の主賓に1名ずつ、友人に1名ずつ依頼します。主賓には上司や恩師など、ゲストの代表としてのスピーチを依頼します。受付や余興も新郎新婦の友人や会社の同僚に依頼します。

いつ、どんな形で依頼すべき?

司会を友人にお願いする時には、遅くても結婚式の2か月前までには依頼しましょう。

結婚式が決まってすぐに依頼しても早くはありません。司会というのはそれほどの大仕事です。新郎新婦や式場との綿密な打ち合わせも必要になりますから、早めの依頼が肝心です。

スピーチも事前に依頼しますが、招待状に祝辞をお願いするカードを添えてお送りしておき、改めて電話でスピーチを依頼したい旨を伝えましょう。依頼されて断る人はほとんどいませんが、慣れていない人にとって結婚式のスピーチは大変な負担になりますので、一方的にお願いするのではなく電話できちんと意思を確認しましょう。

余興や受付も同様です。受付の方には当日、結婚式が始まる時間より少し早目に会場入りしてもらう必要がありますので、電話で会場入りしてもらいたい時間を伝え、受付名簿や頂いたご祝儀の管理の方法なども打ち合わせておきましょう。

司会、スピーチ、余興、受付の方へのお礼

司会をプロに依頼した場合、お礼の金額やお礼を渡すタイミングについてはプランナーに相談します。司会者が結婚式場のスタッフの場合、お礼を断られることもあるからです。

友人に司会を依頼した場合は、ご祝儀を頂かずに謝礼として2万円から3万円を包み、結婚式の前に挨拶をするタイミングでどちらかの両親に渡してもらいます。

ただし、司会は他の依頼に比べて大変な仕事ですから、後日食事に招待するなどして感謝の気持ちをしっかりと伝えることが大切です。

スピーチや余興をお願いした方には、後日電話でお礼を伝えます。お金を渡したという先輩カップルもいるようですが、上司や恩師では受け取ってもらえないことも。そのような場合には、新婚旅行のお土産をお礼とともにお渡しすると良いでしょう。

受付の方へは、一人3,000円から5,000円を「御礼」という名目でお渡しします。結婚式が終わっても、挨拶や着替えなどで新郎新婦は忙しいので、結婚式が始まる前に両親や兄弟からお礼を渡してもらうとスムーズです。

この他にも、ブーケや席次表など、友人に手作りアイテムの協力をしてもらった場合にもお礼が必要です。材料費を負担するのはもちろんのこと、新婚旅行のお土産をお渡しするなどのお礼が必要です。

お土産以外のお礼の仕方は?

新婚旅行のお土産では、お礼として物足らないという場合、新居にお招きしてお食事を振舞うといったお礼の方法もあります。

かしこまった料理を用意しなくても、二人の気持ちが伝わる手作りメニューなら喜んでもらえることは間違いありません。

事前にお招きする人の好みを聞いておき、メニューに加えるというのも良いですね。お一人で結婚式に出席していただいた方でも、ご家族があればぜひご家族も一緒にお招きしましょう。

今後の家族ぐるみのお付き合いにもつながり、良好な関係を築くきっかけになることでしょう。

Pocket