Pocket

結婚した時の職場報告
結婚式の予定が無い場合など、「いつ結婚しようと自由だから」と報告がぎりぎりになったり、結婚後の報告になったりする人もいるようですが、社員の結婚は少なからず職場に影響を与えるものです。

職場への結婚報告は結婚が決まったら早めに行うことが大人のマナーです。

結婚の職場報告で抑えるポイントはここ!

まずは直属の上司に報告を

まず、職場報告は結婚が決まったらすぐ行えるとベストです。あまり早くから周囲に知られたくないという状況であっても、常識として結婚式の3か月前までには報告します。

職場報告の順番としては、一番先に報告するのは直属の上司です。職場はオフィシャルな場ですから、プライベートな結婚の話をする場合には節度を持って報告ができるように努めましょう。

結婚式を行うかどうか、招待するのかどうかを分かる範囲ではっきりと伝えておきます。女性の場合は結婚した後の働き方についても、自分の希望を伝えておきます。

次に先輩と同僚に報告を

上司に報告が終わったら、先輩・同僚の順番に報告していきましょう。特に親しい同僚がいる場合、先に同僚から話が広がらないように注意が必要です。

周囲の噂話から上司や先輩の耳に入るのは今後の人間関係にも影響を与える心配があります。一番に話したいほど仲の良い同僚であってもここは我慢です。

社会人のマナーとして報告は「上司」「先輩」「同僚」の順番です。先輩や同僚には上司から伝えるのか、自分で伝えるのか、上司の指示に従いましょう。

職場結婚の場合

同じ職場に勤めている者同士が結婚する場合、同じタイミングでそれぞれの上司に報告します。上司が同じ場合には、二人が揃って上司に報告に行きます。派遣社員の場合、勤務先の上司ではなく先に派遣会社に報告します。

結婚式に招待するかどうか

最近では職場の人を結婚式に招待せず、身内だけで結婚式を行う人も増えてきました。職場の人たちを招待したい場合、職場の人たちにも都合があるので結婚の報告と同時に結婚式に来てほしい旨を伝えておきます。

職場の人を招待しない場合は、「身内だけで式を挙げます」と伝えると良いでしょう。結婚の報告だけして招待するかどうかを報告しないのは、相手にも心配をかけてしまうことになるので避けましょう。

結婚休暇について

式や新婚旅行のために休暇を取るのであれば、おおよその日程が決まり次第早めに上司に報告しておきます。
あくまでも仕事に支障のないように配慮して休暇を取ることが大切で、上司と相談しながら時期を調整することも大切です。

Pocket