Pocket

食事会の事前準備&当日の進め方
顔合わせ食事会は、結納の前に両家の顔合わせを目的に行われることもありますし、最近では結納の代わりに行われることもあります。

お互いの家族の親睦を深める目的ですから、和やかな雰囲気で楽しい食事会になるように、新郎新婦になる若い二人が流れの舵を取りながら進めなければいけません。

顔合わせ食事会当日までに準備することリスト

まずは、食事会をどのような目的で行うのかをはっきりと決めておく必要があります。

結納前の両家の顔合わせとしての食事会なのか、結納の代わりとしての食事会なのか、目的によって準備するものが変わってくるからです。

1)会場を決める

顔合わせ食事会の目的が決まったら、会場選びをします。会場のタイプは、「新婦の自宅」・「ホテル・料亭」・「中間地点のホテルやレストラン」などを選ぶことができます。

新婦の自宅では女性側の準備が大変になりますが、相手の家庭環境が分かりやすいということや、時間制限を気にせず落ち着いて過ごせるという利点もあります。

ホテルや料亭、レストランでは改まった挨拶や記念品の交換などがあることを考えて個室を予約しておきます。結婚式の会場が決まっている場合には、下見を兼ねて会場内のレストランで行う人も多いようです。

新郎新婦の実家が遠い場合には、家族旅行を兼ねて中間地点のホテルやレストランなどで顔合わせを行うケースもあります。

2)婚約記念品の準備

結納をかねた顔合わせ食事会にする場合、婚約指輪やお返しの時計など、婚約記念品を食事会で披露します。

結納としての儀式を重んじるのであれば結納金も準備しておきます。白木の盆や水引で作られた結納アイテムを準備すると、より儀式らしくなります。

両家でどの程度までの準備をするか、事前にしっかりと話し合っておきましょう。。

3)費用・服装の確認

食事会にかかる食事や会場代の費用は両家で折半するケースが多くなっています。

どちらかの自宅の近くで行う場合、遠方から訪れた側の交通費や宿泊費などの負担についても考慮する必要があります。費用の支払いについても事前に決めておきましょう。

会場で半分ずつ支払うのか、誰かが一旦支払い後で精算するのか、会場でもめることのないように話し合いが必要です。

服装についても、両家のドレスコードが同じになるように新郎新婦がそれぞれの両親に相談しながら決めておきましょう。

顔合わせ食事会の当日の流れを確認

1)二人がエスコートして会場入り

当日は予約時間の5分前を目安に会場に到着するようにします。新郎新婦がそれぞれの両親をエスコートして、食事会の部屋に案内しましょう。

これは、二人のいない時に親同士が顔を合わせてしまい、親同士が気まずい思いをしないためです。席順は、上座に両家の父親、母親、下座に本人という形で向かい合わせに座りましょう。

2)開始の挨拶

入室して着席したら、食事が運ばれる前に男性側の父親、もしくは男性本人が進行役となり食事会の始まりの挨拶をします。

3)両家の家族商会と挨拶

始まりの挨拶が終わったら、男性側から家族紹介を行います。

家族紹介はそれぞれ、本人が行います。男性側、女性側の順に紹介が終わったら、それぞれの両親が順番に口上を述べます。

4)婚約記念品の交換と写真撮影

結納をかねた食事会の場合には、ここで婚約記念品の披露をします。より結納らしさを取り入れるのであれば、結納金や家系図のやりとりも行います。

この後、記念撮影をします。食事の後ではお酒で顔が赤くなることもあるため、写真撮影は食事開始の前に行っておきましょう。

5)乾杯のあと食事のスタート

男性側の父親の音頭で乾杯をして食事会のスタートとなります。両親同士はなかなか共通の話題がないので、沈黙してしまうこともあります。

本人同士が積極的に話題を提供し、場を盛り上げる努力をしましょう。

結納・食事会に関するオススメ記事
Pocket