Pocket

結婚報告も事前準備が大切
双方の親への挨拶は、結婚準備の中でも最も大切で緊張するものです。

上手くいくように当日までにきちんと準備しておきたいものです。準備の手順やポイントをしっかり覚えておきましょう。

親への結婚報告~手順編~

挨拶の日程調整

双方の親に報告に行く日程を調整し決めます。結婚準備もあるので、入籍予定の半年前までに行いましょう。

親に相手の情報、相手に親の情報を伝える。

自分の親に相手のプロフィールを、逆に相手に自分の親の性格などを伝えておきましょう。挨拶の時に予想される親からの質問にもどう答えるか、二人で話し合い事前に大体の返答を決めておきましょう。

手土産の準備、洋服を決める

手土産は親の好みを聞いておき、日持ちしないものは2日前まで包装してもらい準備しておきます。また、当日着る服も選んで確認しておきます。

遠方の場合は、ホテルの予約も

実家が遠方の場合は宿泊先や交通機関のチケットの予約も事前に済ませましょう。当日は服装と髪型を整えて、手土産をもったか確認し早めに出発しましょう。

いざ、親への結婚報告。事前準備のポイント

事前に相手のプロフィールや親の性格を伝え合う

相手の年齢や出身地、職業や趣味、家族構成や好きな食べ物、性格など大体の基本情報を親に伝えておくと安心できます。

また自分の親の性格や趣味、職業などの情報も共有することで話の話題も見つけやすいでしょう。また、当人同士があまり触れて欲しくない話題があれば伝えておくと、気まずい雰囲気にならずに済みます。

親の想定質問と回答内容を決めておく

親は結婚に際し、まず結婚式や披露宴の時期、住まいはどうするか、女性の場合は仕事を続けるのかなど色々なことを知っておきたがります。

決めていない事ははっきり答えず、いい機会なので親の希望も参考までに把握しておきましょう。

手土産は好みものを

持参する手土産は、事前に相手の親の好みを聞いて喜ばれそうなものを選びましょう。

お菓子が無難ですが、お酒好きならワインや日本酒などでもOKですが、飲食物だと受け取るほうも困らないでしょう。

服装や髪型は清潔感が大事

男性は基本的にグレーや紺のスーツに白や水色のシャツを合わせ、アイロンをかけておきます。靴も磨いて臭いが気になるならインソールも新しくしておきます。

できれば髪は散髪し、ヒゲもキチンとそって身だしなみに気を付けましょう。ピアスなどのアクセサリーはNGです。女性は華美でないワンピースかスーツにし、メイクや髪型もナチュラルにして、アクセサリーも控えめにつけましょう。

ハイヒールや着脱しにくいブーツ、ミニスカートなどはNGです。

これで完璧。結婚報告の基本とマナー

結婚報告で失敗しない為、基本的なルールと知り、しっかりと事前準備しましょう。

Pocket