Pocket

結婚式の料理
披露宴の楽しみの1つと言えば美味しい料理ですよね。

新郎新婦は、式当日にあまり食べることができませんが、ゲストの満足度を左右する大きな要素にもなるので、しっかりと準備をしたいポイントです。

管理人ぽぽん時も料理に結構気を使いました(お金をかけました)。
その為か、友人から料理に対する評価が高く式全体のイメージも良くなった気がします。

あと、結婚式の料理がまずいと結構文句を言う人が多い印象を持っています。過去2回程あるのですが、料理がまずい披露宴帰りなのか、電車内で大きな声で料理に対して文句を言っている人を見たことがあります。

料理の予算削りすぎとか、又は冷めていたとか。さんざん文句言っていました。

こんなこともあり、管理人は式場料理にかなり気を使いました。結婚式を挙げる前は、料理とかどうでも良いと思っていたのですが、こだわってよかったなと思います。

ここでは、経験を踏まえて結婚式の料理の選び方・注意点を紹介して行きたいと思います。

料理を選ぶ際の注意点

披露宴の料理は、一般的に洋食、和食、和洋折衷、中華から選ぶことが多いです。
そして、コースが用意されていることがほとんどなので、全ての料理を0から考える必要はまずありません。
(式場やコースにもよりますが、こちらの要望にもある程度対応してもらえます)

料理に関して決められたコースから選ぶことになると思いますが、その際に気をつけたいの点があります。

【料理選びで注意したい点】

  • 招待客の年齢層
  • 小さな子供の有無
  • ゲストのアレルギーや好き嫌い
  • 料理に対する要望をどれ位聞いて対応してもらえるのか

例えば、年配者が多い披露宴であれば、洋食より和食の方が良いと思います。また、洋食にするにしても、ナイフとフォークではなく箸で食べられるように配慮したいですね。

あと、ゲストのアレルギーや好き嫌いに対応してもらう為、どこまで、個別対応ができるのかを契約前にちゃんと確認しておきましょう。

管理人の場合は、流動食しか食べる事ができないゲストがいたので、特別に処理した料理を用意してもらえるかどうかを念入りに確認しました。

様々なケースを想定して、招待客全員が満足できる料理を提供できるようにしてくださいね。

必ず、料理は試食しましょう

写真やイメージや金額だけで決めてしまうと後悔します。有料だったとしても試食をすることをおすすめします。実際に食べてみて初めて気づくこともあるので。

また、試食会の際は、両親にも同席してもらい意見を求めた方がいいです。自分達の感覚だけで選ぶと年配者や小さな子供への気遣いができていない料理になってしまう可能生があるからです。

試食の際は、料理の味はもちろん、スタッフの対応や飾り付け、ボリュームも併せて確認しましょう。ボリュームが多いなと思う場合は、削減できた分を他料理の質を上げることができないかを検討したいです。

飲み物はフリードリンクが主流

披露宴のドリンクでは、フリードリンク制とパック制があります。
フリードリンクは、飲み放題のことです。パック制はざっくり言うと決められた量以上飲むと、その分追加料金が必要になります。

ゲストの人に気兼ねく飲んでもらえるように、基本手的にはフリードリンクを選んでおけば大丈夫です。

但し、フリードリンクでも料金プラン次第では、日本酒や焼酎、ワインが対象ドリンクに入っていなかったり、ウェルウカムドリンクは別料金になっているケースもあります。詳細はきちんと確認しましょう。

食事の種類について

和食

季節や地域に合わせた食材を使い、繊細な職人技術が施した美味しい日本料理を味わえることが魅力。洋食に馴染みがない年配者や薄い味付けが好きな人が多い場合には積極的に検討しよう。

洋食/フランス料理

多くの式場で提供可能な洋食料理。フランス料理であれば、おもてなしの代表格になります。
オマールエビやキャビアなどの高級食材を味わえるのは魅力的。

和洋折衷

刺身から天ぷら・ステーキ・ポテト料理など、様々な料理を状況に合わせて提供してもらえます。その為、幅広い世代から人気があります。

中華料理

高級食材のフカヒレや北京ダックなどは、それだけインパクトがありゲストにも喜んでもらえるんじゃないでしょうか。ナイフやフォークを使う必要もないので、年配者も食べやすい料理かと思います。

デザートについて

デザートビュッフェは人気がありますが、みんな積極的に取りに行きません。基本的に式後半はお腹いっぱいですからね。予算削減したい場合は、無くしてしまいましょう。

あと、個人的には、最後のデザートは果物が万人にウケると思います。コース料理でお腹いっぱいの時に甘いケーキとかだと辛いんですよね。

まとめ

結婚予算が超過しそうな時、料理の単価を下げて予算調整しようとするケースが多いですが、可能な限り料理にはコストと労力をかけた方がよいです。それだけ、料理はゲストの印象に残りやすいポイントとなので。

Pocket