Pocket

Dollarphotoclub_77806432
今の時代、誰でも簡単に無料でWebサイトを作る事ができることをご存知ですか?

アメリカでは、結婚式を挙げる約8割ものカップルが自分達の結婚式サイトを作成して、参加者・招待者に挙式時間や場所などの必要事項を連絡しているようです。

私自身も2015年に結婚式を挙げた際に、結婚式サイトを作成して招待者へ告知したのですが、とっても評判が良かったんです!

オリジナルの結婚式ホームページを作ると何がいいの?

実際に結婚式のホームページを作成し、告知・運営した上で感じたメリットを書いていきます!是非、参考にしてみてください。

1.結婚式に関する情報や内容を随時告知・更新できる

結婚式のホームページがあれば、わざわざ招待状を郵送しなくても重要な情報(日付や場所など)を招待者に連絡することができます。出欠可否もWeb上で受付可能です。実際に友人からはスマホ経由で直ぐに出欠連絡もらえました!

また、随時更新が可能なので、結婚式の準備具合や事前にみんなに伝えたいことなどをどんどん掲載して、見てもらえます!

例えば、どんな式場なのか、どんな料理なのか。よくある質問ページを作成して、みんなが気になる事を予め書いておくこともできます。

喫煙所の場所や、ベビーベットの用意可否、席次表などを先に書いても面白いですよね。

2.オリジナルティ溢れる楽しい結婚式を演出できる

結婚式や2次会で出すクイズのヒントを事前にホームページに掲載したり、動画で結婚式の予告ムービを掲載したり、他には2人の出会いを簡単にまとめたりとか。アイディア次第では、これまでにない結婚式の余興や盛り上げが可能です。

それぞれ新郎新婦の詳細なプロフィールを友達の紹介文付きで掲載したり、または参加者からWeb上でお祝いのコメントを入力して貰ったりして、開催前から盛り上げることもいいかも。

3.結婚式の写真や動画をみんなに簡単共有できる

結婚式当日の写真や動画をみんなと共有できたりします。意外と評判が良かったです。

あと、新郎新婦の普段の写真とか掲載すれば、事前に自分の結婚相手の人柄などを友人たちに見てもらえます。

4.費用削減できる

結婚式は何かとお金が掛かります。

えっこんなにお金必要なの?どんどん費用が膨らんできます。また、意外と気づかない項目での出費もあったりします。動画撮影や作成を依頼すると、普通に10万以上かかったりします。お色直し1回追加で何十万とか。

そうなると、費用を抑えるために、何かを我慢・削らないといけなくなる事があります。

ホームページがあれば、まず招待状に掛かる費用を削減できます。紙代、印刷代、封入代、切手代とかが積み重なり招待状1通で500円位かかります。こだわればもっとかかります。

それが、招待状の代わりにホームページで告知・出欠受付するとほぼ無料で作成することができます。

5.作業手間を削減できる

招待状を手書きで書くのかなり大変です。何十人分の招待状を用意して、切手貼って、名前を筆ペンで丁寧に書いてとかとか。

そして、通常の結婚式では、招待した方から手紙で出欠の有無や苦手な料理などの情報をもらいます。もちろん手入力でパソコンに打ち込んで管理しなければなりません。結婚式場の人にエクセルなどのデータで渡すことも多々あります。かなり手間でめんどいです。

それが、ホームページ上で告知・出欠確認すると、最初からデータとして保存されるので手間を削減できます。あとは、通常の結婚式では、挙式・披露宴に招待した同一人物に対して、別途2次会の連絡と出欠確認をすることになりますが、ホームページ上で併せて連絡・出欠確認する事も可能です。

まあ、ホームページを作成する手間はかかりますが・・

6.招待者・参加者の手間も削減できる

ぶっちゃけ、招待状の返信を書いて郵送するの結構面倒じゃないですか?
結婚式のホームページを作成すれば、スマホからでも出欠連絡が手軽にできるので参加者にも手間をかけさせません。スマホさえあれば、電車内でも簡単に1分も掛からず出欠連絡できます。

また、結婚式当日に招待状をわざわざ持ってきてもらう必要もなく、スマホをホームページのアクセスマップを見てもらえば大丈夫です。

7.2次会からの参加者にも役立つ

2次会から招待する人も結構多いと思います。場合によっては挙式や披露宴の場合みたいに自己紹介などがない場合もあるので、新郎新婦の事をよく知れないこともあります。

そんな場合でも、事前に結婚式サイトを共有していれば、新郎新婦の事を知ってもらえることになります。
あとは、挙式・披露宴に招待して、2次会にも招待する人たちに対しても、個別に出欠確認をする必要もなく、ホームページ上から2次会の参加可否も一緒に受付できます。

まとめ

結婚式の準備では、演出や衣装・ドレス、余興、など多くの考えることがあります。
他にも親族への気配りや引き出物、予算の管理なども大切で、慣れないことの連続で本当に大変でした。
加えて嫁とは考え方の違いから些細なことでケンカしまくり。きっとこれから結婚式を挙げる新郎新婦もこんな感じになるかと思います。

けど、準備が大変ながらも他の人とは違うオリジナルティ溢れる結婚式にしたいですよね。
結婚式のホームページを作成すると、表現の幅と言うか、できる事の幅が広がったり、色々とメリットがあるので、おすすめです。

まあ、メリットばかりでもないですが、作成して本当に良かったと思っています。
あたなも、結婚式・2次会用のホームページを作ってみませんか?

Pocket