Pocket

人前式とは
「人前式」とはその名の通り、両親や家族をはじめとする自分の家族、親しい友人や恩人の前で愛を誓うスタイルの結婚式です。

キリスト教や神道とも関係なく、宗教的な要素を排除して行う式であるため、儀式的な束縛から解放されて行うことができることが大きなポイントと言うことができます。

つまり、アレンジも二人で決めることができ、式の進行の順番なども自由なのです。こだわりのあるオリジナリティに溢れた式を演出できるのです。

人前式の流れ・やり方の例

来賓の方々には受付で結婚証明書にサインをしていただきます。

来賓が会場に着席した後で新郎新婦が入場。司会の方が開会の辞や趣旨の説明を行った後で近いの言葉、指輪交換などの儀式経た後、結婚証明書に新郎新婦がサインし、さらに証人の代表の方にもサインをしてもらい、それを披露して結婚が成立するという流れです。

人前式はこんな人におすすめ

  • 二人の入場、音楽、催しから、全てにこだわりたい!といった人に向いています。
    新郎新婦入場の途中で新郎がサプライズで、もう一度跪いてプロポーズ、なんて演出をした人もいるそうです。
  • お世話になった方達に、自分達なりの誓いをしたい人。
    人前式とは神様に二人の愛を誓うのではなく、当日その場に来てくれた親族、友人の方々に証人になってもらって二人の永遠の愛を誓うのです。新郎新婦の結婚までの道のりを一緒に歩んだ人達とその瞬間を過ごしたい人にはお勧めです。

人前式の魅力はココ

  • 二人は誓約書を列席者に披露し、証人となってもらうことで夫婦となるのです。
    自分達が招待したゲストの方々と一体になりながら今後の永遠の愛を約束する、という一体感が二人の幸福をより一層素晴らしいものにしてくれます。
  • 入場から退場まで音楽などは自分達で決める!
    「決まりがないのが人前式」と言っても過言ではありません。入場から退場まですべてアニメの歌で統一していた人もいたそうです。自分達にとって楽しい、思い出になる結婚式になればそれが正解です。
  • 好きな衣装を着れる!
    ルールはありません。ウエディングドレスを着る人もいれば、白無垢の衣装に身をつつむ人もいます。自分達が「そうしたい」と思ったことをプランナー方々と話し合いながら形にしていけばいのです。

    場所も、スタイルも、音楽も、オリジナリティを追及できるのが人前式です。想像力を働かせ、ゲストの方々と一生の思い出を作れるよう準備をすすめましょう。

人前式を画像・動画で紹介

Yumi Uekiさん(@yummyon)が投稿した写真

美翔苑さん(@bisyoen)が投稿した写真


よくある質問

いくらくらいで挙式ができますか?

式を挙げる場所によって金額は千変万化します。祭壇を設置する場合は5万円前後かかりますが、演出等々はお好みのままなので、かかる費用もそれぞれです。

誰に相談したらいいですか?

会場のスタッフやウエディングプランナーの方々が相談にのってくれます。
皆さん結婚式に関してイロイロな経験を持っているので、相談相手としては本当に頼りになります。ちょっとくらいワガママな相談もしてみていいと思いますよ。

どんなプログラムが盛り上がるの?

拍手ではなくシャボン玉を飛ばす「バブルシャワー」を結婚承諾の合図にしたり、それぞれの、楽しいオリジナリティのある式を考えてみてください。
ケーキにサプライズを仕込んだり、皆さんここぞとばかりに趣向を凝らしていますね。

他の挙式スタイルも知ろう

Pocket